MENU

MR転職エージェント

MR経験者のMR転職は、MR未経験者に比べて求人数や年収、待遇など全然違ってきます。
にもかかわらず、MR経験者の転職が失敗してしまうケースがよくあります。
ここでいう失敗というのは、年収的にも仕事的にも待遇的にも、自分が希望するものと違っていることです。

 

ではなぜそういうことが起こるのかと言いますと、多いケースはエージェントに頼らず自力で転職活動をした場合です。

 

実はネットなどに公開されていない非公開求人はたくさんあって、個人ではなかなか見つけられません。
でもエージェントサービスに登録することで、非公開求人を見つけることができるわけです。
この差は大きく、知っていると知っていないとでは、求人の数が全然違てきます。

 

エージェントは転職のプロです。

そんなプロ集団が企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整などをしっかりとサポートしてくれます。
また必要に応じてキャリアカウンセリングを実施することも。

 

転職に当たって不安なこと、分からないことはエージェントに相談できるので、安心して転職活動を進められるのです。

 

エージェントは具体的に何をしてくれるかですが、まず応募書類のアドバイス。
転職を希望する製薬会社の人事担当者をひきつける履歴書や職務経歴書を書き方のコツなどですね。

 

それだけではありません。
応募書類だけでは伝わらないもの。
例えば性格や考え方、長所などを転職を希望する企業に推薦状や推薦時のメールにまとめて伝えくれ、履歴書,職務経歴書に添えて企業に応募。
選考通過を後押してくれます。

 

さらに書類選考を通過した後の面接においては、自分を最大限にアピールするためのノウハウをアドバイスしてもらえます。
どうです?
エージェントはこれだけのことをして、MR転職の後押しをしてくれるのです。
自分一人で転職活動するのと、かなり違いますよね。

 

 

 

転職エージェントといってもたくさんあるのですが、MRの転職エージェントならこちらがおすすめです。
↓↓↓↓↓↓
MRの転職支援サービス【DODA転職サービス】

 

 

 

コントラクトMR

コントラクトMRというのは、CSOと呼ばれる企業に所属して、「派遣」「請負」といった形態で製薬会社のMRとして働く人のこと。
派遣先、請負先では、一般のMRと同様の業務をこなすことになりますから「業務内容では一般のMRと全く違いはない」と考えてしまってかまいません。
違うのは、製薬会社に所属するのではなく、CSOに所属しているという点だけです。

 

安定性

「派遣」「請負」というと、安定して仕事ができないのではないか?
そんな不安を感じる方も少なくありません。
でも、コンタクトMRはCSO企業に正社員として雇われる形になります。
仕事をする場所が別な企業というだけで、安定性という意味では、一般のMRと同じと考えられるでしょう。

 

ただし、正社員としてではなく契約社員としての雇用になる場合もあります。
事前にしっかりとチェックをしておくことも大切です。

 

コントラクトMRの数

これまで、コントラクトMRの数はそれほど多くなかったのですが、現在ではその数を着実に増やしてきています。
今後はさらに需要が高まると予想されますし、未経験者をコントラクトMRとして募集している企業もあります。
MRとしての転職を考える場合の、1つの選択肢になることは間違いないでしょう。

 

コントラクトMRとして働く場合

通常の派遣期間は、2年間くらいというケースが多いです。
2年経つと、別な企業に派遣されることもあります。

 

2年毎に別な企業で働くことは、その都度新しい知識を習得する必要があって、大変です。
一方で、経験を積めて、スキルアップにつながるという考え方もできます。
なので、スキルアップを目指している方には、コントラクトMRは魅力的です。

 

メリットは?

ジェネリックメーカーや漢方薬メーカーから、新薬を開発する製薬MRに転職する場合、今まではかなり難しかったのですが、コントラクトMRなら経験を積めることもあります。

 

あと、女性MRが結婚・出産などの理由で退職されてた後に、MRとして復帰したい場合、コントラクトMRならスムーズですし、希望の勤務地がある場合や転勤したくないMRさんにもコントラクトMRなら、希望がかないやすいといえますね。

CSO

CSOというのは、Contract Sales Organizationの略。
日本語では医薬品営業業務受託機関といった意味合いです。
CSOは製薬会社の依頼を受け、自社のMRを製薬会社へと派遣します。
派遣されたMRは、派遣先の製薬会社でMRとして働くことになり、その期間は一般的に2年間。
そして、このCSOに所属するMRのことコントラクトMRと呼んでいます。

 

派遣だけれど

派遣という言葉を使うと、どうしてもマイナスのイメージを抱いてしまう方もいるでしょう。
でもコントラクトMRは、CSOに正社員として雇用されることになり、依頼を受けた製薬会社にMRとして派遣されるので、一般的な派遣とは少し意味合いが違っています。

 

地位向上

従来ではコントラクトMRは、製薬会社にMRが不足した場合に利用するもの、といった考え方が一般的でした。
でも現在では、コントラクトMRの確かな知識や経験が評価されるようになり、その地位は以前と比べて上がってきてます。
実際、コントラクトMRの数は上昇傾向。
今後はさらに需要が高まると予想されます。

 

コントラクトMRの特徴

大きな特徴としては、やはり派遣期間が決められていることになるでしょう。
延長されることもありますが、別の製薬会社への勤務になることもあります。
スキルアップを図りたい方にはもってこいですが、同じ場所でじっくりと働きたい方には、デメリットになるかもしれません。

 

人によって感じ方は違いますが、現在CSOに所属するコントラクトMRは人気です。

 

更新履歴