店長の月給

アパレル業界の店長は、販売員から昇進するケースがほとんどです。そんな店長職は、結構忙しいお仕事。一体、どんなことをしているのでしょうか?まず、店長の主な仕事といえば、自分のショップの売り上げ管理です。

 

例えば、本社から割り振られた「目標売上額」を、各スタッフに割り当てたり、「ノルマが多すぎる」と本社に交渉したり。月末になって売り上げ目標が達成できなければ、自分で商品を買って達成しようとする店長もいます。

 

また、自分のショップの在庫管理も重要です。例えば、雑誌ですでに人気になっている商品を、いかに自分のショップにたくさん入れてもらえるか、本社に交渉するのも大事なお仕事。このような在庫管理は、ショップの売り上げに大きく左右します。そのため、交渉力のある強気な店長のいるショップは、常に売上が良いです。

 

さらに、ショップスタッフを管理するのも店長の仕事。場合によっては自分で面接をしたり、販売力の高いスタッフばかり揃えることもあります。「売上の悪いスタッフを移動させる」なんていうことは、簡単にできてしまったり。「店長に嫌われたらおしまい」というのは、ありがちな話です。

 

そして、店長職の最大の魅力といえば、やはりお給料ですね。ショップスタッフが1か月20万円ほどなら、店長は通常その2〜3倍。ショップによっては「引き抜き」で店長を招き入れることもあります。
その場合の月給は、多くて100万円近いことも!ちなみにこの100万円のケースは、某有名ブランドショップに実際にあった話です。

 

このときは「コネ」入社の店長で、本社関係の愛人との噂。当然、仕事ができるわけもなく、威張るばかりでした。完全に経費のムダですね。まあ、このようなケースはまれですが。

 

アパレル業界の店長職は大変なことは間違いありません。基本的に販売員に好かれていなければ、店長自身もやりにくいため、細かな気遣いも必要です。

 

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら