アパレル転職で有利な資格やスキルアップの方法

アパレル業界は、この資格を持っていないと駄目だといった取り決めはあまりありません。販売員にしても経験が評価される仕事です。しかし、資格を持っていれば初任給が上がったり、自分のスキルアップにも繋がります。あるに越したことはないのが資格です。

 

衣服に関する資格

アパレル業界で役に立つ資格は非常に沢山あります。中でも衣服に直接関わる資格は、衣服管理士と呼ばれる資格です。この資格は繊維や糸、染色や洗濯の知識とスキル、または繊維製品の生産、流通、消費など衣服に関する幅広い知識を持った人に与えられる資格になります。衣服管理士は認定校で単位を取得するともらえる資格です。

 

認定校での資格は他にもパタンナーになりたい人のパターンメーキング技術認定があります。販売員をしながら、将来はパタンナーになりたいと考える人におすすめです。最近のパターンは紙ではなく、CADで行うことが多いので、CADの勉強もしておく必要があります。

 

その他

シューフィッターと呼ばれる靴の専門家です。この資格はその人にあった靴選びや、靴、靴の販売に関する資格となります。

 

その他にも繊維製品品質管理士といった少しマニアな資格もあります。繊維製品品質管理士は、衣服の品質に関わる仕事全般を担当できるスペシャリストです。販売系で言えば、販売士ファッション販売能力技能検定服飾インストラクターといった、お客様に提案できる衣服に関するプロとなる資格です。

 

その他持っていれば役に立つ資格

アパレルと言えば色味は非常に大切なものです。色に関する資格を持っていれば、色の相性や色がもたらす効果をお客様に説明することができますね。その資格も色々とあり、代表がパーソナルカラー検定。こちらはメイクや美容関係者も取得するポピュラーな資格です。

 

その他にもカラーコーディネーター色彩検定は、色に関する知識や色の種類の知識、補色の関係を学ぶことによってアパレルに活かせる資格になります。管理職や店長などを望むなら、ファッションビジネス能力技能検定もあります。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら