履歴書に貼る写真

面接前、履歴書を送付する際の書類選考の段階で、気をつけて頂きたいのが添付する「写真」です。通常の業界の転職用証明写真なら、スーツまたはジャケットに、白いシャツ…という服装でOKでしょう。でもアパレル業界で転職を志ざし、選考書類を提出するなら、自分のファッションセンスを出来るだけアピールする必要があります。

 

「プロのヘアメイクとカメラマンに頼む」といった気合いは、別の仕事をしながらの転職活動ではなかなか難しいですが、スピード写真の撮影でも、上半身のみで自分のファッションセンス・誠実さが見えるよう工夫をすべきです。

 

何社か志望していて、汎用性をもたせた写真を撮りたい場合は、「ジャケット+インナー」の組み合わせは非常に手堅いでしょう。ジャケットのインナーに旬のテイストや、カラーを盛り込んだり、顔映えがいいものにするなどの工夫をしてください。

 

NG写真

気をつけたいのは、ファッションの個性をアピールしすぎたもの。これはNGです。マフラーや帽子、派手なアクセサリー等は決して身につけてはいけません。不特定多数の人に好感を持ってもらえる「清潔感」と「爽やかさ」は、履歴書の写真において最も重要なポイントですから。

 

また、顔映えをよく見せたいがために、顔の角度を変えたり、正面を向いていなかったりするのもNG。あくまで「正面を向いて」という履歴書写真のルールをキチンと守りましょう。

 

某大手アパレル企業の人事部の方の話によると、ご時世なのか自撮り写真を履歴書に添付する志望者が増えているとのこと。これは、完全にNGです。確かに、自撮り写真を可愛く撮る技術は、雑誌の特集になる程向上していますが、応募書類はあくまでオフィシャルの書類であることを忘れないでください。

 

履歴書の写真では自分が表現できないと、全身のコーディネートを撮った写真を同封される方もいらっしゃるそうですが、これはよほど志望するブランドのイメージを理解出来ていた上で、明確な主張がないと、完全に逆効果です。

 

写真1つといえども、面接官は「この会社で、志望者が上手くやっていけるのか」という部分を見ています。過剰なファッションと自己アピールはほどほどに。さりげなく、見る人に心地よくファッションセンスが伝わる写真を意識しましょう。

 

 

履歴書の写真をスタジオで撮るなら、こちらがおすすめ
記念写真スタジオ.tokyo

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら