MD(マーチャンダイザー)

アパレル業界のMDといえば、今では業界の中で最も重要視される仕事といっても過言ではありません。その仕事内容は企業にもよりますが、主に関わるのは、売上や利益の管理、人事など。また、ブランドコンセプトを元にした商品化を主導し、それにかかるコストや数量の予測、管理も行います。

 

さらに、販売店で商品を効率的にさばけるような、知識、能力、指導力も必用とされます。場合によっては、アパレル会社の中で、他のどの職種よりも主導権を握り意見できる最強の職業といえるわけです。

 

具体的には、自社商品の顧客状況を把握し、それに見合った商品作りを主導します。どの商品がどんなコンセプトで作られているかなどを、販売店の店員に指導することもあります。

 

ちなみに、販売店のショップスタッフからしてみれば、MDはある意味厄介な存在になってしまうこともあります。ショップではとにかく売上重視。商品のコンセプトは二の次です。時間を割いてまで販売員全員を集めて研修するようなMDは、ハッキリ言って好まれません。

 

あるMDの給料

実はこのMDという職業、全くの未経験では、まず求人はありません。アパレル業界での企画や営業など、ある程度の年数を経験していないと採用は難しいでしょう。

 

実際に海外のアパレルブランドにいたMDの中には、販売員から営業を経験し、イタリアでデザインの勉強をした後採用、という人もいました。この方の場合、噂では1年契約更新で年俸数千万円!もちろん、実績を上げられなければ1年で契約終了です。

 

このような業界内での経験が豊富なMDであれば、自ら求人に応募する必要はありません。経歴で有能と判断されれば、業界内での引き抜きで転職できるようになるわけです。

 

アパレル業界のMDという仕事は、多くの能力を備えているに越したことはありません。MDは、そのブランドが成長できるかできないかに大きく関わる、非常にやりがいのある職業といえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら