アパレル業界の一般事務職

アパレル業界になくてはならないのが裏方の仕事です。アパレルイコール販売員というイメージがありますが、アパレル事務はアルバイトや派遣社員としても働きやすく、子供を産んでから限られた時間でも働ける職場になります。

 

アパレル事務に必要なスキル

アパレル事務は他の会社同様に一般的な事務作業がメインです。前職で販売員をしていた場合、採用されやすいといった特徴もあります。スキルや資格としては、ワードやエクセルといったパソコンスキルやパワーポイントがあると企画書をスムーズに作ることができます。

 

最近ではHPやSNSを使ってブランドのお知らせをするケースが多く、SNS管理業務も必要な仕事です。会社によっては、商品管理や在庫管理も受け持つことがあります。工場や倉庫、営業といった所との連携が多いので、コミュニケーション能力が必要となってきます。

 

資格ではありませんが、商品管理などは数字をよく扱うので、数字に強い、また細かい管理が得意な人に向いている仕事です。もちろん色々な関連会社との電話対応もあります。電話での言葉遣いなど基本的な事務のスキルは必要。

 

経理事務もあります。簿記の資格を持っていれば、会社の経理を任されることも。また、アパレルには生産事務もあり、生産ラインの管理など少し専門的な分野での仕事もあります。

 

アパレル事務に転職するには?

アパレル事務はアルバイトや派遣社員でも求人情報は多くあります。でも、アパレル業界は他業種と違い、服装や髪形など自由な所が多く、女性にすごく人気の仕事ですから、すぐになくなってしまうのが実情です、なので、アパレル業界に強いエージェントサービスに登録しておきましょう。そうすれば非公開求人情報も知ることができます。

 

アパレル専門の転職支援サービスは、販売員やデザイナーだけでなく、アパレル全体の業務の求人を扱っています。同じ事務でも、自分の好きなブランドの事務ができるかもしれません。無料登録をしておくのが転職への近道です。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら