お店の雰囲気で転職先を考える

アパレル業で働きたい!

そう思い転職先を探している方も多いでしょう。今はアパレル業といっても、派手なお店、シックなお店など様々なお店が存在します。自分がどのお店で働けばいいのか、よくなんてわかりませんよね。

 

自分の好きなブランドのお店で働く方もいますが実際、好きだけでは働くことが難しいケースもあります。ここのお店のお洋服は好きだけれど、実際働くにあたって「お店の雰囲気がいやだな」、と感じる方も少なくありません。

 

お洋服屋さんで働いていても、一緒に働くのはお洋服ではなく、スタッフです。いくらそのお店で扱っているお洋服が好きでも、それ以上に一緒に働くスタッフたちを好きでなければいけません。スタッフ同士仲が悪いお店は、仕事の効率も悪くなり、売り上げが落ちるのも事実です。

 

まずは、お客様としてそのお店に行ったときに、スタッフ同士の仲を見てみましょう。中には、明らかに不仲だろうなと思わせられるお店も存在します。そんなお店では働きたくはありませんよね。それはどの会社でもそう。その点アパレル業では、お客様として、お店を見学できるのでいいですよね。

 

就職して、働いてみないと分からないことはたくさんあります。だから、事前の見学は大切。また、「絶対にこのお店では働けない」、と雰囲気で感じ取ることも大事です。

 

たとえば、おとなしい性格の方で、友達もおとなしい方が見るからに派手なお店で働いたらどうでしょう。派手なお店で働くには、自分の性格もある程度明るくなければなりません。なぜならば、お店の雰囲気に合わせるためです。よって、働いているスタッフも明るく活発的な方が多い職場になります。

 

その場合、普段自分の周りにいる性格の人とは違い、働きづらくなり次第に仕事をするのがつらくなってくるでしょう。性格が真逆でも、仲良く働いている方もたくさんいらっしゃいます。お店の雰囲気で職場を決めるのは、本当に大切なことです。仕事を長続きさせるためにも、働く上での希望する条件が合っている会社よりも、自分の持つ雰囲気が合っている会社で働くことをお勧めします。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら