デザイナー

アパレル業界のデザイナーは、まさにブランドの顔。芸術的センスに優れていることはもちろん、常に流行に敏感でなくてはなりません。一般的な仕事内容は、洋服や服飾雑貨のデザインを行うことですが、これは、本当に根気のいる作業になります。

 

デザイナーの求人状況

これには服飾専門学校を卒業していることが条件です。それさえクリアできれば未経験でも大丈夫。雑用などのアシスタントからスタートできます。もちろん、いろいろなブランドでの経験、実績があれば、最初から高待遇での採用が望めます。キャリアが長くて実績があればあるほど、優遇される専門職というわけです。

 

具体的な仕事内容

まずは、シーズンごとの新商品の企画から始まります。パリコレなどを参考にするのは基本。そのシーズンにどんなデザインや色が流行るのか、必ずチェックしておかなければなりません。また、その企画の段階において、営業やMDとのミーティングも必須。場合によっては、デザイナー自身が店舗に出向き、現場の売れ筋商品をリサーチすることもあります。

 

そしてここからが大変。修正に修正を重ね、サンプル作りにとりかかります。いざサンプルが出来上がっても、会社の判断で再度修正・・・なんていうことは頻繁にあります。しかも、ようやくOKがおりたデザインでも、商品化してみたら全く売れないことも。

 

これは実際にあったことですが、売れなかった原因は、価格設定や店舗の立地、営業努力などが、大きく関わっていたということもありました。その証拠に、特設会場でセールをしたらあっという間に完売!デザイナーにとっては複雑ですよね?

 

ちなみに、大手アパレルブランドにもなると、海外の、それなりに名前の売れたデザイナーを採用します。ですが、そこそこ有名でも実際に雇ってみたらとんでもなかった、というケースもありました。デザイナーは専門職だけに、キャリアだけ積んで天狗にならないことが重要です。

 

 

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら