営業

アパレル業界の営業とは、主に自社の商品を広めるお仕事です。その内容は様々あり、気力も体力も必用。ですが、自由な時間はけっこうあり、慣れればとても楽しい仕事といえるでしょう。

 

まず、アパレルの営業職は、いろいろな場所に自社商品をアピールする必要があります。例えば、デパートやショッピングモール。百貨店などには何度も足を運び、自社の店舗を出店してもらう作業もあります。それには当然、高いコミュニケーション能力が必要です。求人でも初心者を募集する会社は少なく、業界を問わず営業経験のある人を優先的に採用しているようです。

 

また、百貨店に自社店舗を出店することになれば、その売り上げを伸ばす努力も重要です。例えば、一押しの新商品を常に取りそろえたり、販売スタッフの働きやすい環境を整えたり・・・オープニングセールの企画や手伝い、店長や販売スタッフのご機嫌をとることも大事です。

 

さらに、一度店舗の担当になってしまえば、自社の売り上げノルマに加え、百貨店側から提示されるノルマも発生!長期間にわたり売上が伸びなければ、百貨店にはあっさり切られてしまいます。実際に、出店後1年で退店というブランドも珍しくはなく、そうなれば営業自身も責任を負わされる場合があります。

 

そんな大変そうなアパレルの営業も、慣れてしまえばとても快適なお仕事です。自分のスケジュール管理ができるようになれば、外出先で適度に息抜きもできるでしょう。ただし、あまり調子に乗ると痛い目に!

 

これは実際にあったケースですが、勤務時間内に毎日のように自宅へ帰っているのがバレて、クビにされた人もいます。真面目過ぎるのも長続きしませんが、自己管理能力が問われる仕事なんですね。

 

求人状況

年間通じて定期的に募集があります。特に目当てのブランドがなければ、とにかく一度就職して経験!営業が自分に合うか合わないか、何となくわかるようになります。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら