転職理由、雇用形態や給料

どの仕事でも「働いてみないとわからない」ことはたくさんあります。雇用形態やお給料の不満や不安は、どの業種の誰もが思うことでしょう。そこで今回は、アパレル業の雇用形態などに不満や不安を持ち、転職するケースを紹介します。

 

自分が働きたいお店に面接に行き、無事受かるとします。さて、それは正社員として受かったのでしょうか?

 

現在アパレル業では、正社員ではなく、アルバイトやパートとして働く人が増えています。会社にもよりますが、アルバイトやパートでも、正社員とまったく同じ勤務時間、仕事内容、仕事量というところがあります。

 

正社員の給料

基本給から手当がいろいろとプラスされます。これはどこの業種の会社でも一緒でしょう。

 

一方、アルバイトやパートだと、時給や日給計算です。時給900円の場合、1日8時間働くと7200円。週休2日と考えて、1か月に23日働くと、月々16万円といったところ。そこから保険やら何やらでいろいろと引かれ、手取りは12万〜13万円くらい。

 

また、正社員はボーナスがでますが、アルバイトやパートはでません。「同じ仕事をしているのに」、と不満を持つ方も増え、他の会社に転職する方が多いのです。

 

正社員になるには

会社によって様々な規定があります。命じられた期間、研修を受けに行く会社もあれば、テストをして受かれば正社員になれる、など様々です。会社によっては、店長に昇格するまでアルバイトやパート扱いの会社もあります。

 

店長も、すぐに昇格できるわけではありません。ある程度働き成績を残し、本社の上司の方に認められなければなりません。店長になったらなったで、他のお店への転勤なども十分ありえます。転勤が厳しい方は、一生アルバイトやパートとしてそのお店で働くしかないのです。そう考えたら、正社員扱いをしてくれる会社に転職したほうがいいかもしれないですね。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら